MENU

行事

初午大祭

Festival

3月 初午大祭

毎年3月初めの午の日を中心に前後三日間に渡って行われ、県内の仏教寺院の祭礼としては最大の初午大祭。

この地方に春を呼ぶ行事として厄年の方々をはじめ多くの参拝者で賑わいます。
周辺は交通規制がしかれ数百の露店が立ち並びます。
厄除け・三重県・松阪市・厄年・文化財

参拝者のお土産には

【厄をはじきさる】という意味の
「猿はじき(写真)」や「ねじりおこし」が人気です。

平成30年は3月3日が3月最初の午の日になるため、3月2日~3月4日の3日間がこの大祭に当たります。

大祭の期間中には多くの方がご祈祷を受けます。
ご祈祷受付時間は下記の通りです。

受付時間

3月2日 午前8時~午後9時
3月3日 午前7時~午後8時
3月4日 午前8時~午後5時
※大祭期間中の閉門時間は受付終了2時間後となります

ご祈祷料

ご祈祷料は3千円以上となっております

三千円、五千円、一万円でお札の大きさ・記念品の内容が変わりますが、御祈祷自体は同じです

当日の交通について

大祭期間中は周辺地域は交通規制がされ、駐車場が不足し、お寺の参拝者駐車場も閉鎖しておりますので公共交通機関のご利用をお勧めいたします。

mail

©宗教法人 継松寺